« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月13日 (日)

日本の為に

今日は日曜日。

チャーチがありました。


日本が未だかつて経験した事がないような大災害に見舞われてる中、うちらの教会も日本のために、被害に遭っている人たちのために、その友達、家族の為に、みんなで心を一つにして祈りました。


そして被災地のために寄付金も集めました。


みんな、学生や新社会人がほとんどの教会。
でも、みんな自分たちにできることを精一杯しようと、頑張った。買いたいもの我慢したかもしれない、頑張って貯めた貯金を崩したかもしれない。
みんな、日本のために、被災した人たちの為に、神様の愛を精一杯届けようと、精一杯お金を寄付しました。


今日、日本のために祈りたい。それだけの気持ちで実際にサービスには参加できなかったけど、来てくれた友達がいた。


親が被災地にいてずっと連絡がとれなくて安否不明だった子もチャーチにいた。

神様がつくったこの大自然の中で、私たち人間は本当に無力。

それを痛感した今回の地震。

自分たちの立っている地さえ、崩れ落ちる。

私たちがそれを止める事はできない。


きっと、今多くの人が感じていると思う。

何のために人間は存在しているの?何のために生まれて来たの?
何に頼って生きていけばいいの?何を信頼したらいい?
生きることって本当にはかない。


だけど、私たちには希望がある。
絶対に崩れ落ちない土台の上に立つ事ができる。

イザヤ54:10
山々は動いて場所を変え、丘は消えてなくなっても、私の愛はおまえから離れない。平安を与えるという約束を、どんなことがあっても破らない。あなたを愛する神様は、きっぱり断言なさいます。


世界中の人たちが日本のために祈ってくれている。

日本を誰よりも愛する、私たち日本人も日本の為に祈ってる。

これを読んでるあなたも、きっと日本の為に祈っていると思う。

あなたは、誰にその祈りを捧げてる?


2000年前に、うちらの間違った行動、言葉、考えを代わりに償う為にイエスは十字架で死んでくれた。その十字架は今も昔も未来も、イエスを信じる人の罪をぬぐい去ってくれる。
自分の命を捨ててまで、救ってくれる究極の愛。


そんな愛を与えてくれるイエスに、全知全能の神様にあなたの祈りを捧げてみない?


イエスは聖書でこう言ってる。
「わたしは、この暗い世に輝く光として来ました。わたしを信じる人がだれも、もはや暗闇の中をさまようことのないためです。わたしのことばを聞きながら従おうとしない人がいても、あえてさばきはしません。わたしが来たのは、世の人々を救うためで、さばくためではないからです。」(ヨハネ12:46-47)

「わたしの名を使って神様に願い求めなさい。どんなことでもかまいません。必ずかなえてあげます。それもみな、神様が褒め讃えられるためです。」(ヨハネ14:13)

私たちの信じてる神様は、日本を愛してる。

この、歴史的な大災害が日本で起こった事、絶対に無駄にならない。

今、日本が更に強く、変わる時だって信じてる。

今、私たち日本人こそが立ち上がって、神様の希望の光を照らすべきときだって信じてる。


イザヤ60:1
わたしの国民よ、起き上がれ。神の栄光がおまえから輝き始めた。世界中の国民に見えるように、その光を輝かすのだ。夜のような暗闇が地上に住むもの全部を覆うが、神の栄光はおまえから輝きでる。

親が安否不明だった友達は、チャーチの後に、親が無事帰宅したとの連絡あったと知らせてくれました。

ずっとずっとみんな祈り続けてた。

神様は祈りを聞いてくれた。

ありがとう。


私たちの信じてる神様、少しでも知りたいって思った人がいたら、ぜひ
www.lifehouseosaka.com
をチェックしてみて。
教会の日時とか詳しい事も載ってるよ。

そして、まだまだ祈り続けよう!

祈る人たちよ、少しでも手を抜いてはいけません。神様が日本(エルサレム)をしっかり建て、世界中の人の尊敬と称賛の的とされるまでは、神様を少しでも休ませてはいけません。(イザヤ62:6-7)

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

神様、聖書、イエス

こんな言葉は私の人生に関係ないと思っていた、5年前の私。

でも、今私の人生は神様中心に動いてる。

ジーザスに祈って、ジーザスが一番大切にしてる教会に通って、毎日聖書っていう神様からのラブレターを読んで、神様の言葉を受け取ってる。


なんでかって?

それは、神様は私の人生に最高の計画を持ってるし、誰よりも何よりも愛してくれてるし、人生変えてくれたから。

Mizuni320

あなたを愛してくれている人はたくさんいると思う。

でも、命を捨ててくれる人はどれだけいるやろう?
人生を導いてくれる人はいるやろうか?
祈りを叶えてくれる人はいるやろうか?

そして、絶対に変わらない、無条件の本物の愛で愛してくれる人はいるやろうか?


イエスは2000年前に、うちらの罪っていう間違った考え、言葉、行動すべてを代わりに償うために十字架にかかって死んでくれた。
だから、イエスを信じる人は自分の罪を償わなくてもいい。ただイエスが代わりになってくれたことに感謝できる。

神様の言葉は今も昔も変わらず、永遠に私たちを愛してくれる。

無条件に愛してくれる。

最初にそれを聞いたときは、私も信じにくかった。
でも、そんな人がもしいたとしたら、信じたいと思った。

だから、信じるって選択をした。

それを今まで一度も後悔したことない。

そして、「信じたい」から「信じてる」に変わるのにそんなに長い時間はかからなかった。

5年前にその選択をしてからずっと、それまで誰も私に与えることができなかた最高の愛、喜びで私の心は満たされてる。

一瞬の愛、一瞬の喜びはそれまでの人生にもあった。

でも、尽きる事のない、あふれるほどの愛と喜びを与えてくれたのは神様一人だけやった。


だから、うちは神様を、ジーザスを信じてる。本物やって。


だから、もっとたくさんの人に伝えていきたい!

本物の愛があるよって。

絶対に倒れない土台があるよって。


ジーザスライフハウスは、そんな神様を知れるばしょ。

ジーザスライフハウスに来て、そこにいる人たちをみれば一目で分かる。

みんな人生最高に楽しんでる。

みんな希望に満ちてる。愛に満ちてる。

輝いてる!!


あなたも、今よりもっと輝くことができる。

神様のこと、気になったら、ジーザスライフハウスにぜひ一回来てみて☆
色んな人がいて、インターナショナル。
勧誘とかいっさいなし。友達いっぱいできる。
音楽も最高に楽しい。
来るもの拒まず去る者追わずやから、安心して覗けるよw

詳しくは、www.lifehouseosaka.comをチェッく

Tbhall_web_2


| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »