« Jesus Lifehouse Conference 2011 | トップページ

2011年9月29日 (木)

・・・道


今日は、神様が用意してくれてる「道」についてちょっと書きたいと思う。

オーストラリアに留学中に神様に出会ってクリスチャンになった。


オーストラリアに旅立った当初は、オーストラリアに永住したいと思ってた。日本に帰る気なんてなかった。

クリスチャンになったばっかりの頃も、オーストラリアの教会が大好きやったし、ずっとそこにいたいって思ってた。

でも、私が洗礼を受けたとき、ずっと神様の事知ってほしいって思ってた日本人の子二人が救われた。

人生で一番嬉しい瞬間だった。
その場で誰よりも泣いてたw

その時から、少しずつ心が変わっていった。

日本には、昔の自分みたいに神様の愛を知らなくて、頑張って、苦しんで、暗闇で迷ってる人がいっぱいいる。
神様と一緒の人生って最高やのに!
もっとたくさんの日本人に神様の愛知ってほしい。
救われた友達みたいに、神様の愛によって人生変えられる人をもっとみたい。

心がどんどん日本に向いてった。

でも、自分の快適なクリスチャンライフもすごい大事だった。

日本の教会は合わない・・・こっちの方が楽しい!情熱がある!
日本に帰って、神様から離れちゃったらどうしよう・・・。

だからすごい迷った。

でも、ジーザスライフハウスが大阪にできると聞いたとき、ものすごくワクワクした。
行きたい!って思った。
オーストラリアの教会でロド先生にも会って、話した。日本の事、大阪の事、教えてくれた。
もっともっと日本に帰って神様の事、日本で伝えたいって思うようになった。ジーザスライフハウス絶対に大阪にできてほしいと思った。

でも正直まだ恐れと迷いがあった。

そしてあと半年で卒業。日本に帰るかどうするかそろそろ決めないとって時、ヒルソングカンファレンスに行った。

そこでTD Jakesのメッセージを聞いた。メッセージのタイトルはもう覚えてないけど、神様ははっきり私に語ってくれた。
メッセージの中で、彼はこういってた。
「神様が与える情熱は、消える事がない。あなたの中で燃え続けて隠す事ができない。」

まさに、日本に対する私の気持ちだった。
オーストラリアでのどんなに素敵なライフを思い描いても、私の心から離れない想い。

日本。

私が生まれ、育った国。
大嫌いだったけど、神様に出会って大好きになった国。

そのときに、日本帰国を決意した。
神様が与えてくれた、情熱に従おうって。

12月に卒業して日本に帰国した。

ジーザスライフハウスができるとは聞いていたけど、それは半年も後のことだった。それまで、教会どうしようか・・・。悩んでた。
でも、東京ジーザスライフハウスから先に大阪に来ている人がいたから、その人に連絡してみた。

そしたら、ルークとか、ジーザスライフハウス大阪を建て上げる為に来たオーストラリアからのチームメンバーも日本に着いたばっかりだった。

日本に帰国して三日後に、JLHOの最初のメンバーと出会い、帰国後最初の日曜日から礼拝に行く事ができた。JLHO初めての礼拝は七人。
でも、夢にまで見た大阪のJLH. みんな情熱に満ちあふれてた。

神様に感謝した。

神様は、私が日本に帰ってくる為に、すべて必要なものを用意してくれていた。
神様は、私に、日本での道を整えてくれていた。
神様は、私に、必要以上に最高のものを用意してくれていた。


最近、ヒルソングから来てメッセージしてくれたブレンデンと一緒に来てたケビンと話した。

2007年のヒルソングカンファレンスに行った事、そこで日本に帰ること決意したこと、そしたら神様が道を整えていてくれたこと、話した。

ケビンはすごいって言ってくれて、これから何をしたいの?って聞いてきた。


もちろん、私は、ティーンズに対する想いを伝えた。

ティーンズチャーチ見るために東京チャーチ残ったこと、ティーンズリーダーのすべて捧げる心に感動したこと、大阪にはまだ誰もいないけど、絶対にティーンズが立ち上がるって信じてる事、それが今私がやりたいこと、って伝えた。


そしたら、ケビンはこう言った。

「今、心に感じるものがある。君が神様に従うとき、神様は君の周りに人を集めるってこと。君は一人じゃない。君が日本に帰ってくるって決めたときに、日本で神様が道を整えてくれていたように、ルークや他の人達がいたように、必要な人を集めてくれる。聖書のパウロにも一緒に神様の事を伝える人がいたように。神様は君が神様の道を選ぶとき、君の周りに人を集めてくれる。」

めっちゃ励まされた。

ティーンズへのパッションが与えられた時、一緒にタッグ組んでくれるリーダーが欲しいって祈ってた。一週間後、ティーンズに情熱のある子がライフグループに加えられた。


東京チャーチに参加した日曜日の夜、東京から大阪に帰るバスで、大阪JLHのレポートを受け取った。

「高校生と中学生の娘と息子がいる家族が来たよ!」

私が何かする前から、神様は道を整えてくれている。
私は神様の道を選ぶだけ。

一歩踏み出す前は、何も見えないかもしれない。
でも、神様に従って、神様信じて一歩踏み出してみて。

そこには、神様が用意してくれている道が広がっているから。

|

« Jesus Lifehouse Conference 2011 | トップページ

クリスチャンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jesus Lifehouse Conference 2011 | トップページ